生命保険に加入する時期

本人であれ仲のいい家族であれ、生命保険に加入するというのはあまり気分のいいことではありません。人は誰しもいずれ死を迎えるとわかってはいても、いざその時がくるとビビッてしまうものです。不安に苛まれ眠れぬ毎日を過ごすことになるでしょう。それを前提とした生命保険ともなれば、他人事とは考えられず慎重に行動してしまうのは当然のことです。
物は考えようという言葉がありますが、生命保険に加入する時にはそのような思考に基づいて行動するのが一番いいのかもしれません。生命保険の根幹にあるのは人間同士の助け合いです。自分の使用していない財産を保険料に回し、みんなで助け合って仲良く生きていこうという考え方です。生命保険に加入するというのは、保険に加入している人みながひとつになるということなのです。
生命保険は、誰かに言われて加入するものではありません。国で定められた強制保険でもありません。あくまで自主性を重んじた自分のための保険です。自分が納得できなければ加入する必要はありませんし、自分がどうしても加入したいというのであれば他人がこの行為を阻めるものではありません。
保険の精神は、いつだってお金に困った人を助けるということにあります。自分の力で多くの人を助けたい、と思えるようになってから行動したって決して遅くはないのです。

保険選びのむずかしさ

生命保険選びは難しい。
独身時代は勧められるままに加入していたけれど、結婚して退職し、自分で稼いだお金で保険料を払わなくなって考えるようになった。
専業主婦をしている私に高額な生命保険(死亡時の保険金)は必要ない。
だから掛け捨てで死亡保障よりも医療保障が充実している安い共済に加入しなおした。
これで十分だと思っていたのだけれど。
先日、子どもたちの学資保険について見直そうとFPに相談した。
FPと話しているうちに、子どもや主人だけでなく自分の保険についてもまた考え直してみたくなった。
なぜなら、今加入している共済のプランには先進医療の保障はない。
このままのプランで大丈夫なのだろうかという不安がよぎった。
主人に相談してみると「不安だからと保障を増やしていく必要はあるのか」という問いかけが返ってきた。
確かに。不安に備えるのが保険だけれど、そこを突かれたからといって無理に保障を増やす必要はないかもしれない。
FPの話を聞いて、貯蓄と保障がセットになっている終身保険が得のような気がしたけれど、現状の家計から考えれば負担感も大きい。
大事なのは家計に見合った最低限の安心を確保することなのかなと思い直し、現状維持をすることにした。
FPはお金のプロだから、紹介してくれたのは良い生命保険プランではあったと思う。けれど、彼は我が家の家計を支えてくれるわけではない。
我が家の家計は我が家のもの。将来を見据えてプランを立てていくのも、実行するのも私と夫。
参考程度にFPや営業マンの意見を聞くのはいいけれど、振り回されないようにしなければと肝に銘じた。

異業種交流会で話した生命保険の男

異業種交流会で話した男が、生命保険会社の営業で名刺を受け取っていました。
その場ではいくつかグループができあがり、全員とは話していませんが、その男とはよく話していました。
帰りには、その男の一人暮らしの家まで車で送ってやりました。
マンションのワンルームでしたが、ついでに部屋におじゃまして、雑談していました。
競馬をしているらしく、独特な競馬の予想をしており、データを分析したものをパソコンで管理しているという本格的な方法をしていました。
0時ごろになり明日は名古屋へ出張があるというので、その部屋から帰るとき、一度生命保険の話を聞いてほしいと次回の待ち合わせの件を話してきました。
数日後、喫茶店で生命保険の話を順序よく聞かされました。
説明箇所を区切っていて、一こま終われば、ここまで大丈夫ですかと逐次確認して進めています。
保険代の支払いシミュレーションの表を見て、何歳のときに加入すれば幾らになり、というのがあります。
そして特徴的なのが、その生命保険は掛け捨てではなく、老後返ってくるということです。
なぜそれができるかというと、預かった保険金を株に投資して運用するからだそうで、掛け捨てるよりはお得な保険のように思えました。
しかし加入するつもりはなかったから、説明だけ聞きました。

生命保険、入っていてよかった!

結婚してしばらくまで、特に健康に不安がなかったので安い掛け捨ての保険に入っていました。
子供も生まれ、何か私にあったとしても主人がいるから、私の生命保険は安い掛け捨てのままでいいと思っていましたが、ある日母との会話の中でちょっとした病気をしたけれど保険ですべてまかなえたという話題が出ました。
それで私が安い保険しか入っていないと知ると、もう少し手厚い保険に入っておいたほうが良いと助言されました。
主人にその話をしたら、主人も入っておいたほうが良いというので私にあった保険を探してみることにしました
しかし、一口に保険と言っても種類が沢山ありすぎて、どれがいいのかわからないと考えるのを放棄していたら、保険の外交員さんがタイミングよく自宅にやってきました。
さっそくどういう保険があるのか教えてもらおうと部屋に通し、いくらまで払えるか、女性特有の病気や手術の保障を手厚くしたい等要望を伝え、三森をその場で出してもらい、主人と相談して契約することにしました。
私の保険料は今までより格段に上がりましたが、そこで契約しておいて本当に良かったです。
一年ほどしたら、手術を受けなければならない女性特有の病気にかかったのです。
保険の保障で手術費、入院費など諸々の費用はすべてまかなえました。それまでの安い掛け捨ての保険だったら保障されないものだったので、
値段だけで選んではいけないと骨身にしみた体験でした。

結婚して主人の生命保険を見直ししました

主人の生命保険は独身の時から入っていて私は今まで保険の内容も全然知りませんでした。しかし結婚してからはきちんと管理しようと証書を見せてもらってお互いの生命保険を見直すことにしたのです。主人の生命保険の内容を見て驚きました。独身の時なのに死亡保険金が8千万円もかかっていたのです。当然毎月の保険料もむだに多く入院などの保障は少なかったのです。生命保険会社の勧誘のおばさんに訳もわからずすすめられて入った保険だったらしく本人も内容も把握さえしていませんでした。

その保険は定期更新型でしたので、思い切って内容を変更し、死亡保障を減らしてその分、入院ががんなど医療保障を充実してもらいました。おばさんは嫌な顔をされましたが、結婚したからはもう自由にはさせません。おかげで保険料もぐっと少なくなり保障も下げましたが、自分たちのライフに合った保険に変更できました。その後は10年ごとに見直しをしています。

子供が生まれれば保障を高めに設定したり、今後子供が成長すれば減らしたりと見直すことが重要なんです。かけてそのままなんて保険はだめですよね。保険会社のいいなりになってもだめです。もっと保険の勉強をしてその家庭にあった保険をえらぶべきですよね。

医療保険の一入院の日数の選び方

最近、今加入している医療保険を検討し直すことにしました。調べると、保険会社各社の医療保険の内容が、各種さまざまで、細かい部分まで複雑で、良く調べて理解しないと、後で後悔しそうな気がしました。

まずは掛け金が安いことは最大の魅力です。ネットで調べ、安いものからピックアップして調べていきましたが、あることに気が付きました。安い商品は一入院の日数が少なく、60日型がほとんどです。そして、大抵の営業マンの説明は次のような内容です。「近年は医療が進んできて、入院日数が少なくなってきています。また病院の方も、長い入院は収入率が下がる仕組みになっているので、早く退院させることになります。」データも見せてくれます。確かに入院日数はかなり少なくなっているのは実感です。

しかしこれについては、もう少し掘り下げ考えなくてはいけないと思うのです。確かに平均的に一入院日数は少なくなってきていますが、中には長い入院もあるのです。身近な高齢者をたくさん見ていると、実際に、脳梗塞で3~4か月入院する人をよく見ます。

つまり、多くの入院は短いが、長いものは長くて、平均すると60日で足りる程度です。しかし、脳疾患の患者の入院日数は実は平均100日なのです。平均ということはこれよりもっと長い人も結構いるということです。きちんとした統計データもあります。

その事を知ったので、一入院日数が120日の商品にしました。支払う保険料は少し高めですが。これで安心を買いました。